IT社会の進化|サービスがぐーんと広がるネット社会

ウェブで日記制作

笑顔の女性

アフィリエイト広告で収入を得る

ブログはウエブログの略語で、ウエブサイト上で日記やレビューをアップすることです。 ブログ利用者はアフィリエイト広告を貼り付け、企業から広告収入を得ることができます。 企業がブログ利用者にサンプルの商品を提供して、感想を書いてもらうという宣伝方法も増加してきました。 一方でステルスマーケティングの問題がアメリカで発生しました。 ステルスマーケティングとは、偽ブログの一種で企業の人間が個人に偽って企業の商品を宣伝することです。 これ受け2006年に連邦取引委員会がステルスマーケティングを規制する法案が提出されました。 日本でこの話題をニュースで伝えたところ、サクラを企業がブログで利用しているという噂が広まり炎上する騒ぎになりました。

日本でのブログの普及

当初、日本でのコミュニケーションのウエブサイトとして2チャンネルやスラッシュ日本語版がありました。 さらにウエブ日記や個人ニュースサイトもあり、日本ではブログは普及しないと思われていました。 2002年ごろからサービスツールを日本語化したことによって、2005年から2006年の1年間で利用者が2000万人を突破しました。 世界と比べ日本のブログは投稿数が非常に多いので、2006年には英語や中国語を上回り日本語の投稿が37パーセントをしめ、第1位になりました。 また、モブログという写真付投稿を携帯電話から行える日本だけのブログ形態もあります。 市民権を得たことによって、今後ますます開設数が増えていくこととなるでしょう。