IT社会の進化|サービスがぐーんと広がるネット社会

ウェブで日記制作

笑顔の女性

ウェブサイト上で日記が書けるサービスを、ブログと言います。最近では、企業の広告宣伝としても利用されるのが多く見られるようになりました。ブログでは日記の文を書く以外にも、写真を付けることも可能なのです。

Read more »

ビジネス活用

ネットワーク

ビジネスなどを行なう会社では、デュプリケーターの活用が多くみられます。デュプリケーターは非常に便利なもので、中でもブルーレイデュプリケーターは重宝されています。

Read more »

便利な時代

インターフェイス

パソコンのバックアップや大事なファイルは外付けHDDコピー

パソコンを便利に利用する時代となってきています。そのためにパソコン内蔵のHDDは頻繁に動作、長時間動作されるようになってきています。また動画などの大容量のファイルも使用されるようになってきています。そのためパソコンの内蔵HDDは酷使されるようになってきているともいえるのです。そしてパソコン内蔵HDDの内部エラーも多くなったりもしているといえます。このような状態が多発するようになるとエラーの修復もままならずにコピーされていたファイルがとりだせなくなる状態が発生することもあるのです。実際にこのようにファイルがとりだせなくなると、なんらかの致命傷になる場合もあるといえます。ファイルの修復作業という手もありますが必ずしもそのファイルがもとに戻らないこともあるというのが現実です。最悪を想定して日ごろから外付けHDDなどにバックアップのためのHDDコピーをしておくことは大事なこととなっているのです。

パソコンバックアップソフトなどの利用

パソコン本体のHDDコピーはパソコンシステムとしてのCドライブ部分のコピーとCドライブ以外のドライブのコピーとにわけて考えることができます。Cドライブのコピーはバックアップソフトが普及してきています。大容量外付けHDDは安価に購入可能となってきています。例えばパソコンで指定されている外付けHDDを接続してCドライブのバックアップを外付けHDDにHDDコピーすることが簡単にできるのです。パソコンの電源オンやオフ時に自動的にバックアップが外付けHDDにHDDコピーされるというわけです。このような状態になっていれば万が一のパソコンHDDトラブルに対応できるのです。またCドライブ以外のドライブのファイルについてもCドライブのバックアップのような仕組みを構築しておくことは大事なこととなります。パソコンを便利に使用するためにはそれなりのバックアップ体制を構築ことも不可欠の時代となってきているのです。

データを管理する

握手

データを保存するアイテムとして、USBは多くの人に使われています。多くの家電量販店で販売されており、誰でも簡単に使用することが出来ます。セキュリティなどは今後どんどん強化されていくと考えられています。

Read more »

↑ PAGE TOP